So-net無料ブログ作成

膝痛に効くつぼ [手つぼ]

膝痛のうち、内側の痛みには内膝眼と三陰交、外側の痛みには外膝眼と足三里、全体の痛みには 委中と 湧泉がそれぞれ対応しているようです。

●膝痛に効く足裏つぼ
・内膝眼(うちしつがん)
膝の皿の直下、内側にあるくぼみに位置しています。

・三陰交(さんいんこう)
足の内側、くるぶしの上に小指を置いて手を当てたとき、人差し指が当たる高さで骨の少し後ろに位置します。
親指の先を使って強く押しこみましょう。

共通テーマ:健康

くしゃみに効くつぼ [症状別ツボ]

くしゃみに対応するつぼは、腕にある尺沢と手首にある太淵です。

PR:マッサージ 品川

・尺沢(しゃくたく)
肘の内側、しわ上で親指側にある筋肉の外側にあるくぼみに位置しています。
胸苦しい時、ノドが痛いときなど、呼吸器系全般に効きますが、なかでもせきへの効果は抜群となっています。
カゼは治ったけど、せきがまだ止まらない、という人は、尺沢を刺激してみましょう。

PR:出張マッサージ 大阪市福島区

・太淵(たいえん)
手首の関節部分の内側、シワの親指側にある動脈が感じるところに位置しています。

共通テーマ:健康

疲れ目に効く足裏つぼ [症状別ツボ]

目のまわりの筋肉が疲れた状態(=筋肉疲労)のことを、疲れ目といわれています。
目を酷使したり、無理して見ようとしたりすることが筋肉疲労につながるのです。

●疲れ目に効く足裏つぼ
・右目 左目
パソコンやテレビゲームなど長時間して目を酷使すると、目がかすんだり、ショボショボしたり、まぶたが痙攣するなどといった眼精疲労、いわゆる疲れ目の症状が確認されます。
疲れ目に効果があるつぼは、足の人差し指と中指の付け根の部分にあります。
また、左右逆に対応しているため、右目が悪い場合は左足を、左目の場合は右足を押し揉むようにしましょう。

共通テーマ:健康

坐骨神経痛に効く足つぼ [症状別ツボ]

神経痛で、多くの方が悩んでいると言われるのが坐骨神経痛です。

【PR】リンパマッサージ 品川

坐骨神経の神経は太くて長いため、圧迫や障害を受ける可能性が高く、神経痛に発展することが多いのです。

また、お尻が痛い場合は、坐骨神経の方向に沿って、ふくらはぎや、太ももの裏が痛くなることがあります。
椎間板ヘルニアなどの重大な疾患が無い時は、ツボを刺激してみましょう。

・委中(いちゅう)
坐骨神経に効くとされる、足つぼです。
膝関節を曲げたるとできる、しわの中央がその足つぼです。
寝る前に、ほどよい心地よさを感じる程度に刺激しましょう。症状が改善しますよ。

共通テーマ:健康

せきに効く足つぼ [症状別ツボ]

せきが続くと、体力を消耗させて、ますます風邪をこじらせる要因となりますので注意が必要となるでしょう。

●せきに効く足つぼ
・気管支(きかんし)
のど・気管支ゾーンは、足裏の親指と人差し指との股の間に位置しています。
かかとに向かってじっくりと、のど・気管支ゾーンを押し揉むことでのどの痛みやせきの症状が和らぎます。

・延髄(えんずい)
延髄は、親指中央からやや下に位置しています。
呼吸器のはたらきを改善して、せきを止めて、吐き気を抑える効果が期待できるので、刺激することで喘息の予防にも効果があるのです。

共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。